MENU

私は、パソコンが大好きです。

 

趣味としてのパソコンも、仕事としてのパソコンと2パターンがあります。

 

趣味でのパソコンは、インターネットが中心になりましが、インタネットショプ・オークション(出品・入札)ニュース・調べ事

 

などをしています。

 

後は、ちょっと古めのノートパソコンを見つけて、そのノートパソコンの最高なスペックを調べ、CPU交換・メモリー増設とか

 

して遊んでいます。OSもWindows/LInuxといろいろ試して遊んでいます。

 

仕事としては、システムエンジニアをしているので、仕様書の作成やプログラムのコーディング等、システム開発をする為に使っています。

 

後、副業で、ハード系リサイクルショップでパパソコン担当として仕事をしています。

 

この様に、生活自体が、パソコンが無いと生活出来ないのかもしれません。

 

私が中学の頃にパソコンゲームが流行りました。でも、その当時、パソコンは3万円以上していたもで、

 

とても買える物ではありませんでした。

 

いろいろ調べていたら、家庭用テレビに接続出来るMSXという低価格なパソコンがあるしりました。

 

私は、お年玉で早速、購入しました。

 

もちろんゲームをやりまくりました。

 

ただ、そのパソコンにはベーシックというプログラムを組む機能が付いていました。

 

私は、興味があったので、遊びながら独学で勉強しました。

 

工業高校に入学したのですが、そこでもプログラムの授業がありました。

 

私は、理解していたので教える側として、授業に参加しました。

 

すごくプログラムの授業は楽しみにしていました。

 

卒業研究もプログラムでソフトを作成しました。

 

高校卒業後、大手の工場で働きました。

 

5年程立ち、班長になったのですが。この頃から仕事に対して真剣に考える様になっていました。

 

今の仕事は私がやりたかった仕事なのか?

 

このまま、リストラがなければ、定年退職するのか?

 

たまたま見たニュースで、IT業界が急成長し、技術者が足りないという事でした。

 

私はこの時、学生の時に楽しんでいたプログラムを思い出しました。

 

私は、プログラマーになりたいと本気で思ったので、会社を辞めました。

 

とりあえず、派遣のラインの仕事をしながら、資格を取る為に猛勉強しました。

 

半年かかりましたが、何とか資格を取得する事が出来たので、システム開発会社

 

を探して、就職しました。

 

これからが、プログラマーという始まりなので、私は、同じ年の人たちに技術を

 

高めたいと思い、がむしゃらに仕事をして、2年位にプログラマーからシステムエンジニア

 

になり仕事をする様になりました。

 

私は、趣味も仕事も生活もパソコンがないと何も出来ないと思っています。